こころトーク

2019.05.31

第192回 「ここトレ活用のヒント」

認知行動療法活用サイト「こころのスキルアップ・トレーニング(ここトレ/https://cbtjp.net)」の前身であるモバイルサイト「うつ・不安に効く.com」を発表したのは2008年のことでした。

いわゆるガラケー全盛時代のことです。

その後、PCに対応できるようにウェブサイト版を開発して「こころのスキルアップ・トレーニング」と名前を変え、その後スマートフォン用にも最適化し、今にいたっています。

認知行動療法にITを活用できないかということを私が考えるようになったのは、そのころ、携帯電話のサイトで「寂しい」というキーワードを使って検索をする人が多いと聞いたからです。

しかも、「寂しい」というキーワードで検索するといかがわしいサイトに行ってしまうというのです。

その話を聞いて、私は、寂しいと感じている人の役に立つサイトを作りたいと考えました。

そして、現在運営を担当していただいているウーマンウエーブ社や、サイトの構築を担当していただいているジェイシティ社のボランティア的な協力をいただいて、価格を抑えた形で現在までサイトを継続してくることができました。

このような経緯をあらためて書いたのは、先日、ここトレサイトの基本的な使用マニュアルのステップ解説をアップすることができて、さらにひとつ先に進めたと考えたからです。

会員用トップページの一番下に、「認知行動スキルを自己学習したい方のために」と「ここトレをカウンセリングで利用する専門家の方のために」というコーナーを新設しました。

「ここトレ」は、ガラケー用の「うつ・不安に効く.com」の時代を含めると、開設から10年以上の時間が経っています。

それだけに内容も豊富になっているのですが、その一方で、複雑になって、どこから手をつければ良いかわからないという声も聞くようになりました。

建て増しを繰り返して内部が複雑になった大学病院のようで、使い勝手が悪くなったのです。

そこで、インターネット支援型対面式認知行動療法の研究成果が英語雑誌に掲載されたのを機に、そこで使ったマニュアルをベースに、認知行動療法を効率的に身につけたり練習したりできる新しいコーナーを作りました。

なお、インターネット支援型対面式認知行動療法の研究の概要は以下のサイトでご覧になることができますので参考にしてください。

◎IT併用、短期間で効果 うつの認知行動療法(47NEWS)
 https://www.47news.jp/3027653.html

◎こころのスキルアップ・トレーニング
 https://cbtjp.net