こころトーク

2023.01.20

第382回 「反すうを判断する2分間ルール」

前回、時間があるとつい同じことを繰り返し考えてしまう「反すう思考」について書きました。

考えているうちに何か解決のヒントに気づくなど、先に進んでいければ良いのですが、多くの場合はその場でグルグル考えているだけで、先に進むことができません。

それどころか、いつの間にか現実に目が向かなくなってしまいます。

取り返しのつかない過去の出来事を考えて、どうしようもないと悲観的に考えるようにもなってきます。

そうした状態から抜け出すためには、「反すう思考」の状態にあることに気づく必要があるのですが、私たちはそのことになかなか気づけません。

それは、私たちが、問題を解決するためには十分に考えなくてはいけない、繰り返し考えれば問題を深掘りできるのではないか、と無意識に思い込んでいるためです。

たしかに、問題が起きて困ったときに、きちんと問題に目を向けて分析し、解決策を考えていくことは大切です。

ところが、反すう状態になると問題に目を向けることができないばかりか、考えに没頭してしまうようになってしまいます。

そうすると、一時的に現実逃避ができて、イヤな現実に目を向けないで済むので気持ちがラクになります。

これも、反すうが続く原因になります。

でも、現実に目を向けず逃げていたのでは問題は解決せず、結局はつらい気持ちが続くことになります。

考えているのにつらい気持ちが続くようなときには、ちょっと立ち止まって自分の考えを振り返ってみてください。

「(反すうを判断する)2分間ルール」と呼ばれますが、ほんの短時間で良いのです。

ちょっと時間をとって、自分に次の3つの質問をしてみてください。

  1. (1)それまで以上に問題が理解できるようになったか?
  2. (2)考えることで新しい解決策が浮かんで、先に進めたか?
  3. (3)気持ちが軽くなったか?

もしこのどれかに当てはまらないようであれば、「反すう」状態になっている可能性があります。

考えるのをやめて、新しい行動を起こすようにしてください。

前の記事 次の記事