気になる流行ナビ

2021年9月22日(水)全国感染症情報

最新の流行状況

2021年8月30日~9月5日に全国での流行が報告された感染症情報をお届けします。

感染性胃腸炎

定点あたりの報告数は3週連続で増加しました。
 ▼都道府県別の上位3位
 1.大分県、2.徳島県、3.宮崎県

手足口病

定点あたりの報告数は3週連続で増加しました。
 ▼都道府県別の上位3位
 1.熊本県、2.岩手県、3.鹿児島県

ヘルパンギーナ

定点あたりの報告数は3週連続で増加しました。
 ▼都道府県別の上位3位
 1.新潟県、2.宮崎県、3.滋賀県

【出典】国立感染症研究所 感染症週報を加工して作成

薬剤師ワンポイントアドバイス

小児の感染症の1つに、「手足口病」があります。
特に濃厚な接触が生じやすい環境である保育施設や幼稚園での集団感染には気を付ける必要があります。
今回は、そんな「手足口病」についてお話したいと思います。

Q1 手足口病とは、どんな病気ですか?

手足口病は、その名前の通り、口腔粘膜および手や足に水疱性の発疹が現れる急性ウイルス性感染症です。通常は3~5日間の潜伏期間を経て発症します。発熱を伴うこともありますが、軽度であることがほとんどで、3~7日間の経過で終息します。
4歳位までの幼児を中心に夏季に見られる疾患で、その中でも2歳以下が半数を占めます。国内における流行のピークは夏季ですが、秋から冬にかけて発生が見られることもあります。

Q2 どうやって感染するのですか?

飛沫感染、接触感染などで感染します。
特に、子ども同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境である保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすくなってしまいます。

Q3 手足口病にかからないようにするには、どうしたらいいでしょうか?

接触感染を予防するために、流水と石けんで十分に手洗いすることが重要です。タオルの共用はしてはいけません。
また、手足口病が治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあるため、排泄物を適切に処理することも大切です。

Q4 手足口病にかかってしまった場合は、どうすればいいでしょうか?

特異的な治療法はなく、対症療法が中心となります。発熱に対しては、通常は解熱剤なしで経過観察します。ただし、2日間以上発熱が続いたり、頭痛・嘔吐を伴う場合には髄膜炎や脳炎などに注意する必要があります。
口腔内病変に対しては、刺激にならないように柔らかく、薄味の食べ物を摂取しますが、何よりも大切なことは、水分不足にならないようにすることです。そのため、経口補水液などで水分を少量ずつ頻回に摂取するようにしてください。

【出典】国立感染症研究所感染症疫学センター「手足口病とは」を加工して作成


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<当サイトのコンテンツについて>
当社は、細心の注意を払って、コンテンツを掲載しておりますが、 これらのコンテンツの内容についての正確性、有用性、確実性、安全性、その他いかなる保証もいたしません。 万一、コンテンツのご利用により何らかの損害が発生した場合であっても、当社は、一切の責任を負いかねます。