使い方ガイド

『お薬手帳プラス』から事前に処方箋の画像を薬局に送信することで、お薬の用意ができるまでの時間を有効にお使いいただけます。

<注意> 処方箋の有効期間は、発行日を含む4日以内です。 お薬のお受け取りの際は、必ず有効期間内の処方箋原本をお持ちのうえ、薬局にお越しください。

1.処方せん送信画面を表示する

トップ画面の「処方せん送信」をタップします。

2. 送信先店舗を選択する

「検索して選ぶ」をタップします。※お気に入り店舗を登録している場合は、「お気に入りから選択する」より送信先店舗をお選びください。
送信先店舗をお気に入りに登録する

位置情報の利用がONの場合は、「現在地から探す」ボタンからお近くの店舗を検索できます。 また、「都道府県」を選択し、ランドマークや薬局名など「フリーワード」で検索することもできます。

<注意>
「提携薬局を検索」からは、日本調剤以外の薬局を検索し、選択することができます。

店舗を選択したら、「この店舗を選択する」をタップします。

<注意>
営業時間をご確認のうえ、薬局をお選びください。薬局の営業時間外に送信された場合は、次の営業日に準備を行います。

店舗を選択すると、画面上に店舗名が表示されますので、「次へ」をタップします。

3. 処方箋を撮影する

「写真を撮る」をタップすると、カメラが起動します。
※「写真を選択する」からは、スマートフォンのカメラアプリで撮影済みの処方箋画像を添付することができます。
明るい場所で処方箋を平らな所に置き、処方箋の全体が写るように撮影します。複数枚ある場合は1枚ずつ撮影してください。
1度の送信で5枚まで添付できます。なお、画像をタップすると、プレビューが表示されます。
すべての画像を添付してら、「次へ」をタップします。

4.患者情報を入力する


連絡先を入力する

「送信者氏名(カナ)」と「緊急連絡先」を入力し、「受取希望日」を「指定なし/本日/明日以降」から選択します。

<注意>
確認事項がある場合、薬局からお電話を差しあげることがあります。

ジェネリック医薬品の希望を選択する

ジェネリック医薬品を希望するか選択します。一部のお薬だけジェネリック医薬品を希望する場合は、「相談したい」を選択し、メッセージ欄に入力してください。

薬剤師に相談したいことを入力する

ジェネリック医薬品の希望以外に、薬剤師に相談したいことがあれば、メッセージ欄に入力してください。

5.初回質問票を記入する

初回質問票の記入が必要ない場合は、「次へ」をタップします。

<注意>
初回質問票とは、薬を安全にお飲みいただくために、初めてご利用される薬局で、副作用歴や他に使用している薬などについて、ご記入をお願いする書類です。予めお薬手帳プラスから送信していただくと、薬局でのご記入を省くことができます。
※過去に日本調剤の他の店舗をご利用いただいたことがある場合でも、初回ご利用の店舗の場合は、「初回質問票」のご記入をお願いしております。

初回質問票を記入する場合

「初回質問票を事前記入する」をタップします。
処方箋の患者さまについて回答し、「次へ」をタップします。

6. 送信する

入力に誤りがないか確認し、「処方せんを送信する」をタップします。

7.送信完了

処方箋画像の送信が完了すると、図のような画面が表示され、アプリ内「お知らせ」の「あなたへのお知らせ」に「処方せん送信が完了しました」というメッセージが届きます。
※プッシュ通知設定をしている場合にも「送信完了」のプッシュ通知は配信されません。

8.薬局からのお知らせを確認する

その後、薬局から「処方箋を確認しました」と「お薬の準備ができました」というメッセージが届きます。準備完了のメッセージが届いたら、有効期間内(発行日含む4日以内)の処方箋原本をお持ちのうえ、薬局へお越しください。

<注意>
提携薬局へ送信した場合は、薬局からのお知らせは届きません。